PodcastQRオリジナル
Track Town JPN

遠藤日向選手おめでとうございます!陸上日本選手権1日目を終えて~Track Town JPN第110回2022年6月10日

  • 共有

ただ走るだけ、ただ飛ぶだけ、ただ投げるだけでない陸上競技の魅力を。日本唯一の陸上『雑談』専門チャンネル『Track Town JPN』
出演者への質問もお待ちしています! track@joqr.net

<ゲスト>
森岡芳彦さん(マラソン博士:城西国際大学女子駅伝部監督)

<出演者>
西本武司さん(EKIDEN NEWS主宰、OTT理事長)

<今回の話題>
男子5000m遠藤日向選手優勝!オレゴン世界陸上代表内定
・遠藤日向物語は世界へ。
・去年は前へ前へと反応してたけど今年は落ち着いてた。
・余裕持って13分22秒。2位と差がついた完勝。横綱相撲。
・前半ずっと64秒~65秒。4200以降は100mを15秒ずつ行って2分01秒くらい。
・2位松枝選手、3位清水歓太選手。ワンツースリーはバウワーマン。ジェニーに報告。
・苦労してた選手が入賞。4位鈴木塁人、5位森山、6位横手、7位丸山選手。
・鈴木塁人選手はTWOLAPS合同合宿での4200+800練習が効果出た!?

1500m男女とも盛り上がってる&ハイレベル。決勝が楽しみ!
・卜部選手、後藤選手良さそう。田中選手はちょっと気になる。7月、8月は強い。
・横田真人コーチは完璧にそろえてきた。卜部、道下、舘澤、飯島選手。
・ハイレベルのレースでトーエネック3人決勝残る。河村選手の調子は?

・100mは柳田(東洋大学)が元気。
・遠藤選手のこのレースを満員のスタンドの中でやって欲しかった。
・森岡さん注目は3000m障害の楠選手。


[更新 6月10日]
[TIME 48:20]

PodcastQRオリジナル

Track Town JPN

ただ走るだけ、ただ飛ぶだけ、ただ投げるだけでない陸上競技の魅力を。日本唯一の陸上『雑談』専門チャンネル『Track Town JPN』

2020年3月まで「渋谷のラジオ」で毎週金曜日13時から放送して好評だった『Track Town SHIBUYA』をバージョンアップさせてお送りします。

© Nippon Cultural Broadcasting Inc.